忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画『プロメテウス』日付で言うと昨日、ミッドランドスクエアで観てきた。ホントは名古屋駅でやってる「大トリックアート展」見たかったけどね。人がいっぱいだからしゃあないしゃあない。



 プロメテウスといえば例のPSP用改造CFWではなく、神話で人類の創造主といわれておる立派なお方。本作は『エイリアン』シリーズの前日談として制作が始まり、その過程でオリジナルのストーリーへと切り替わったという、リドリー・スコットの監督作品。つまりはエイリアンみたいなのが出てくるってこと。

 ※この先はネタバレを含みますので、ご注意を。※

 なんか異星人が最初に地球らしきところでなんか飲んで死ぬ。んでそのまま海に落ちて、DNA?らしきものが体内から出てくる。俺はこれだけではよくわからんかった。ってかこの説明じゃ監督すら首をかしげるな。

 どうも公式あらすじによると、最初の場面ははるか昔の地球で、謎の飛行物体が表れ、ある一人の異星人は地球に自らのDNAをまき散らして死んだようだ。どうりで二重らせん構造の物体が海に散らばる様が描写されていたのか。

 場面は変わって2089年。全く異なる場所の古代遺跡にも関わらずあるひとつの"共通"した壁画を、主人公の博士たちがそれぞれの地で発見する。それは星図であり、そのことから、ある星に人類誕生の手掛かりがあると踏む。
 
 そして彼らは「プロメテウス」と呼ばれる宇宙船でその未知なる惑星へ臨む。そこでは、DNAは全く人間と一致した人間より一回り二回り大きな巨人の死体が転がっていた。人間の祖先なのか!?ややっ。

 そして、唯一の生存者を発見。古代言語でコンタクトを試みるものの、彼は巨体の剛腕で博士たちに襲いかかる。そしてその巨人は自身の宇宙船に乗り(※どうみてもチ○コ)、地球を破壊しに旅立とうとしてしまう。これを止めなくては変える場所が無くなってしまう!どうする…。止めるしかない!ってヤツ。よくあるヤツ。

 博士の仲間は捨身覚悟で「プロメテウス」を巨人宇宙船にぶつけて阻止、巨人も自らが生み出した人類殺戮生命体(※どうみてもマ○コ)により絶命。この作品、時系列的にエイリアンの前にあたるので、最後にエイリアンらしき毎度の風貌の生命体が、死んだ巨人から現れて終了。(おそらく宿主を巨人としたことで、キモい生命体が進化してしまった。ほんといい迷惑だ。)



 なんともまあご丁寧にプロメテウス2の公開も予定しているらしい。補完かな?あんまりグロいのは横でびくびくしてる子いるのでやめたげて。な。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
プロフィール

HN:
Off
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/11/28
職業:
ボンタンアメ
趣味:
音楽 , VOCALOID , サブカル , ゲーム
Template by Crow's nest Crow's nest 忍者ブログ [PR]